CALENDAR  ENTRY  COMMENTS  CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
新連載のお知らせ
予告いたしました新連載です。
34日間毎日更新です。

『Island〜明けの島〜』

 陽出ずる地に、星を読む娘がいた。
 天と地とその間にあるもののすべてをただ真直ぐに信ずることに長けた状態を星読みという。
 そのことに限り無く純である者を星読みという。

 星読みであるところのマナイに、ある日、星が降りた。
 [陽の帰する地より龍訪うであろう]、と。
 マナイの言う通り、訪れた者がいた。
 龍を背負う若者アオハカ。
 生まれたことを怒ってはいるが、涼し気な瞳を持つ。
 だが、アオハカの訪れはこの島の大事の先触れだった。
 時至りて龍動く。人と龍の仲介者ナダは、アオハカの負う青龍神の伝言を伝える。

 この『明けの島』は、この星が明けてゆくその礎となる約束の地と伝わっていた。
 約束の者でないものはいない。この島の砂の一粒、この星の水の一滴、そのどれもが欠けてはならぬもの。

 陰極まるこの島を開き、この星に銀龍の道をつけるマナイの使命とは?
 アオハカはなぜに龍を背負うのか?
 マナイが向かう太陰とは?
 陰と陽のせめぎあいが大陽(おおひ)を招く。
 今にいたる礎となった古代のファンタジー。だがそれはたった今、そして未来。

Island
http://a-island.jugem.jp/
お知らせ comments(0) -
| 1/1 |